-->

2015年3月10日火曜日

今週のベストビール:Granville Island Lions ウインターエール

ヘッダー

連載 第2回 今週のベストクラフトビール in カナダ:バンクーバー編


 早いものでバンクーバーも滞在開始から2週間。日曜からサマータイムも始まり、いよいよ春です。カナダ名物のパティオ(パブやバーの野外スペース)で昼間から飲む人も増えてきました!

…トロントもそうでしたが、カナディアンの方って昼から犬の散歩したり飲んでる人多いんですよね。この人達、いつ仕事をしてるんでしょうか…

今回のベスト3発表です!!

1:Granville Island Brewing : Lions ウインターエール 


ウインター

先週2位だったGranville Islandよりウインターエールです。ウインターエールといえばバーレーワインとかStrong Aleが主流ですけど、こちらはブラウンエールスタイルですね。ココアとキャラメルのテイストにバニラとナッツの香りが絡み、程よく口の中に甘みが広がります。
Granville Islandはココア系のフレーバーの使い方がものすごく上手いです。アルパカさんドハマりして箱で購入。2日持ちませんでした。今週の一位。 Alc5.5% IBU22

2:Central City Brewing : Red Racer インペリアルIPA


redracer


バンクーバーの南東、SurrayのBrewingのビール。開けた瞬間から、インペリアルIPAらしい突き刺さるほどのドライホップの香り。系統的にはGreenflashのIPAに近いかな。グレープフルーツ系の味。濃厚で強烈ですが、Alc9%の高さはあまり感じさせない絶妙なバランスです。まさにImperial IPA。  Alc9% IBU90

3:Whistler : チャイ-メープルエール


chai

お隣、ウィスラーのクラフトビールです。もう名前からなんじゃこりゃですが、正に名前通りのチャイとメープル。チャイのシナモン系のスパイスとメープルシロップの甘みがしっかりビールに落とし込まれてます。ビールなんですけど、チャイティーとメープルシロップです。どうやら醸造には本物のチャイティーとメープルシロップ使用しているそうな。複雑な味ですが、メープルとチャイです(笑)。


以上!今週のベスト3でした!






このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿