-->

2015年3月21日土曜日

大人の夢の国?!クラフトビールのテーマパークがバンクーバーにあった件

ヘッダー

アヒルです。

クラフトビアバー訪問記 in カナダ第2回です。2回目といいつつ、前回訪問したSpeakeasyはやはりクラフトビールバーではなかったようです。なので、正式には今回の記事が初クラフトビールバー訪問記にあたります(笑)

今回の訪問先は、我々の留学エージェントであるカナダジャーナル様より情報をいただきまして、どうやらバンクーバー最大のクラフトビールバーがオリンピックビレッジ駅徒歩10分ほどの場所にあるとの事。何でも、取り扱いビール銘柄は100種類超!これはビールブログとしては外せません。

そんなモンスター級ビアバーの名前はCraft Beer Market(クラフトビアマーケット)!!!

店の入り口


…またどっかで聞いた名前ですね(笑)日本にも同名の有名クラフトビールバーがありますが、おそらく関係はないでしょう(ないよね?)写真では伝わりにくいですが、ここめちゃくちゃでかいです。外観だけでも300人以上は軽く入るのがわかります。

中に入るとまず受付があり、何人であるか、テーブルとカウンターどちらするか聞かれ待合席にて案内があるまで待つのですが、この一連の流れで突っ込みたい事がいくつかあるので、順番に説明させてください。

在庫
入口すぐ横に山のようなケグの在庫

まず目に飛び込む在庫の多さ。この写真でまだ全体の三分の一も写せておりません(汗)。あと、左下にかわいいベイビーがいますが、ここ非常に家族連れも多いんです。というか、昼の2時にも関わらずゾロゾロやってきます。中には観光の方も混じっており、まさに酒のテーマパークです。

冷蔵庫
大型のケグ冷蔵庫が…
受付後の待ち合いスペースのすぐ後ろには大量のビール樽がセットされてます。見えるだけで50以上の樽がつながってます。これを一日にいくつ消費するのでしょうか…。中の広さが気になります。

呼び出し機

極めつけがこいつです。なんと、席が準備できたらびかびか光って呼んでくれるとの事。一日に100組は越えるであろう来客を完全にコントロールできますね。いや本当に何だこの規模。バーでこんなの貰ったのは人生初です。呼ばれましたので、入ります!!!

内装



でかすぎです。

ここはえっと…クラフトビアバーですよね?2階席とフロアーあわせて500人は入りそうですけど…本日満席です。
しかも皆さん絶え間なく人が帰っては入ってきます。人気とかいうレベルじゃないです。いやーこれは日本には絶対ないなぁ(笑)

メニュー

現在のタップリストです。Over100BEERだそうで。そう、あそこの冷蔵庫に100個の樽がつながっているそうです。種類も申し分ないです。ラガー・ウィート・IPA・スタウトもまんべんなくあります。これ管理で味大丈夫なのか心配になりますよね笑

配管


タップ

上の写真をご覧頂くと、バーカウンターから天井に配管が通っているのがわかります。そう、ここのタップ全部入口で一括管理してるんです。そうすれば、樽が切れてもすぐ交換できるし、冷蔵庫なのでつないですぐおいしいビール飲めますもんね。この設備いくら掛かってるんでしょう。

ビール

圧倒されすぎて疲れてしまいましたが、ビールを注文。デッドフロッグのIPAとオールドイェールのパンプキンスタウト。ちゃんとIPAグラスでサーブしてくれます。状態いいです。うまいです。ここまでシステマティックで味落とさないんですね。もう怖いです。

ビール好きなら是非一度。

公式HP
http://vancouver.craftbeermarket.ca/











このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿